Medical Guide

白内障手術について

白内障手術について

白内障手術の際に
眼内レンズが選択出来る
ことをご存知ですか?

ご自分のライフスタイルに合わせて、
手術後の見え方(眼内レンズの種類)を選ぶことができます。

単焦点眼内レンズ[保険診療]

ピントが合う距離が1つ

白内障 単焦点眼内レンズ
白内障 単焦点眼内レンズ
乱視用

多焦点眼内レンズ[自由診療]

ピントが合う距離が複数

白内障 多焦点眼内レンズ 乱視用
白内障 多焦点眼内レンズ 乱視用
乱視用

当院では患者様の希望、目の状態に合わせて単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズのどちらかを選択していただけます。

なお多焦点眼内レンズを選択される場合は、保険診療適応外のため自由診療になります。

(当院は厚生労働省の定める「先進医療施設」認定を受けています。
民間の医療保険で先進医療特約に加入されていますと手術費用の保険請求も可能になります)

乱視の方も単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズのどちらかを選択していただけます。
当院ではトーリックレンズを用いて乱視矯正白内障手術を行なっています。

また最先端の医療機器、VERION(ベリオン)によって乱視矯正の精度を上げています。
これは多焦点レンズの乱視矯正の手術にも応用出来ます。

VERION(ベリオン)

単焦点/多焦点の見え方の違い

白内障 単焦点レンズの見え方

単焦点レンズ

ピントが合う距離が1つ

見える範囲狭い
手元が遠くのどちらかのみピントが合う
見える質良い
ピントがあう1点はとても良い

白内障 多焦点レンズの見え方

多焦点レンズ

ピントが合う距離が複数

見える範囲広い
手元から遠くまで見える
見える質おおむね良い
ピントが少しあまい

※ 眼の状態の診断によって眼内レンズの種類が選択できない場合もあります。
詳しくは医師、スタッフにおたずねください。

白内障とは?

そもそも白内障とはどのような病気なのでしょうか。
それは目の中のピントを調整する水晶体(カメラで例えるとレンズに相当)がにごってくる病気です。
60代で増加し始め、80代ではほぼすべての人がかかる病気と言われています。

正常な眼

白内障の眼

手術の流れ

ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。眼内レンズは手術を受ける方のライフスタイルに合わせ選択ができます。

白内障手術自体は20分程度で終わりますが術前の説明や点眼、術後の説明などがございます。

超音波 白内障手術

1. 角膜切開メスを使って切開創を作成します。
2. 前嚢切開水晶体を包んでいる袋に丸い開口部を作成します。
3. 水晶体の乳化吸引超音波で水晶体を小さく砕いて吸引除去します。
4. 眼内レンズ挿入水晶体の代わりに眼内レンズを挿入します。

合併症について

手術自体は昔と比べて飛躍的に安全になりましたが、合併症がゼロではありません。

ご不安な点などございましたら医師、スタッフにご相談ください。

手術中の合併症 – 破嚢
ごく稀に、にごった水晶体が入っていた袋が、何らかの原因で術中に破れることがあります。これを破嚢といいます。
この水晶体嚢に眼内レンズを入れるため、大きな破嚢が起こった場合には、手術前に予定していた眼内レンズを挿入できないことがあります。
手術後の合併症 – 後発白内障
眼内レンズを入れる袋の奥側がにごって、手術後に再び目がかすむことがあります。それを後発白内障といいます。
治療はレーザーを用い、簡単に短時間で、にごりをとることができます。
手術後の合併症 – グレア・ハロー
強い光源を見た場合に強い光をまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。
個人差はありますが手術後の時間の経過とともに慣れてくるといわれています。